がんサバイバー女性のための情報サイト|ニュース・ピアリング

【コラム☆ピアリング】バランスのよい食事で元気に~栄養士・梅ちゃん先生の元気レシピ~Vol.2

管理栄養士・梅ちゃん先生の元気レシピ!第2弾!

以前ご紹介した梅ちゃん先生のレシピ。その第2弾を公開いたしました。楽しみにしてくださっていた皆さん、大変長らくお待たせいたしました。
 

はじめましての方にちょこっとご紹介

ピアリング顧問栄養士の梅ちゃん先生こと、梅田やすこ先生。順天堂大学医学部附属御茶ノ水医院で従事したのち、クリニック、保育園の栄養管理を経て、現在は東京観光専門学校講師、糖尿病や透析患者様宅などでの料理代行、トレーニングジムでの遺伝子検査や栄養サポート、レシピ・コラム執筆などを行なう
 
そんな梅ちゃん先生は、第一回目のコラムをピアリングに寄稿後、産休、育休に入りお休みしていましたが、このたびピアリングに復活です!
横浜市立病院で開催した、笑顔塾(
笑いヨガ)にお子さん連れで参加されたので、覚えている方もいるかもしれません。
 
さっそく復活した梅ちゃん先生に、レシピを紹介してもらいましょう!
 
 

バランスよく食べてパワーチャージ!牛肉を使ったおすすめレシピのご紹介

こんにちは。梅田やすこです。
突然ですが、牛肉って美味しいですよね。
作り置きしたい方、お弁当を作っている方、ご主人のメタボを気にかけている方、最近メタボ気味の方、牛肉が好きだけどカロリーが気になる方、ついつい食べすぎちゃう方、腸内環境を美化したい方、などにおすすめのお料理をご紹介します
 

牛肉と切り干し大根の煮物

お肉を使ったお料理は高カロリーになりがち…。
そんなときはやはり野菜類やきのこ類、ゴボウなどの根菜類、しらたきなどと組み合わせると、バランスよく召し上がることができるようになりますね。今回は切り干し大根と干し椎茸で、骨強化も目的としています。干し椎茸のビタミンDは切り干し大根のカルシウムの吸収を高めてくれます!
また食物繊維やカリウムなども摂取できるように
 

〈材料〉
・牛切り落とし肉 200g
・切り干し大根 30g
・干し椎茸 3個
・しょうが 20g

【A】
・干し椎茸の戻し汁 150cc
・酒 大さじ4
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ2
・きび砂糖 大さじ1 1/2

①切り干し大根切りは水にサッとくぐらせてから、手でもみ洗いし、2~3回水をかえる。干し椎茸は戻して千切りにする。
②と③は可能であればした方が、クセや脂質が落とせるので、おすすめです!
②鍋に湯を沸かして切り干し大根を入れ、再び沸騰するまでを目安に、サッとゆでる。
③牛肉は食べやすい大きさに切り、熱湯にサッとくぐらせ、冷水につけて水気を切る。
④しょうがは皮をむいて千切りにする。
⑤鍋に【A】と②の切り干し大根を入れて強火にかけ、沸騰したら中火にし、少し煮詰まって煮汁がほぼなくなってきたら、牛肉を加えて3分ほど炒め煮する。
 
ポイントは、肉を堅くせず、しっかりした味に仕上げるため、煮汁を煮詰めてから肉を加えることです。
自炊をすることが増えたこの時期は、いつもとは違うレシピに挑戦するのもいいかもしれません。ぜひ作ってみてくださいね。
 
レシピ・文:梅田やすこ(管理栄養士)、編集:ピアリング編集部
               
関連キーワード