がんサバイバー女性のための情報サイト|ニュース・ピアリング

【コラム☆ピアリング】ウィッグで疲れる…⁈なんとかしたい!頭痛や肩こり!(PR)

本日は、ウィッグで頭痛や肩凝りになっている気がする・・・という方にぜひ読んで頂ければと思います。

毎日ウィッグを着用しなければならない環境の方も多くいらっしゃると思います。
スタイルは気に入っているけれど着用すると何だか頭が痛くなったり、首筋から肩にかけて凝っている気がするなどなど・・・そんな状態で一日中だと疲れてしまいますよね。

今回は原因と解決方法をご紹介させて頂きます。

【その1】ウィッグのサイズが合っていない

サイズが小さいウィッグは頭への締め付けが強くなるために頭痛が起こる場合があります。
逆にサイズが大きい時にもズレてしまわないようにと知らず知らずのうちに、意識がウィッグにいき、首が緊張状態になり凝り固まってしまいます。

ウィッグのサイズがあっていないかも?と思う時は、購入したお店に、サイズ調整等出来るかどうかお問い合わせをしてみてください。

アクアドールでは、サロンで購入頂いたウィッグは購入店舗では何度でもサイズ調整が無料となっております。
アクアドールの通販や他店舗で購入頂いたウィッグは¥2,200(税込)、他社製品の場合は¥4,400(税込)にてサイズ調整を承っております。
(ウィッグの作りによっては承ることのできない場合もございます。)

【その2】ウィッグの中に着けるネットが合っていない

ウィッグ着用時にお使い頂く網状のネットや、インナーキャップのサイズが合っておらず、ゴムがきつくて頭痛を引き起こすこともあります。
また、付ける位置が生え際よりも前になっていると、こめかみ部分が圧迫されて頭が痛くなることもあります。

ネットのサイズがきつい場合は、大きなものにかぶせておいてネットを少し伸ばすだけでも違ってきます。
ネットを付ける位置も、ズレてしまうのが心配で深めに着けたくなってしまうかもしれませんが、ご自身の生え際よりも少し後ろに着けることで圧迫感もウィッグを着けた時の自然さも変わってきますので、インナーキャップの着け位置などを見直してみてくださいませ。

【その3】ウィッグが重い

ウィッグが重くて・・・というのも、頭痛や肩こりの原因の大きな一つです。

頭は身体の中でもかなり重い部位になります。少しの重さの変化でも首や肩にかかる負担は大きくなります。

ウィッグは作り方によって重さがかなり変わります。

機械植えのファッションウィッグは、毛束をミシンでザクザクッと縫い合わせている為、毛量はかなり多く、その分重くなります。一方で、職人が1本1本植えている「総手植え」と言われるウィッグは、束ではなく1本1本ネットに植えているので、軽さ&通気性が全く違います。ヘアスタイルも、ロングヘアよりショートスタイルの方が髪の長さが短い分軽くなるので、購入の際はそこもチェックしていただくといいかと思います。

いかがでしたでしょうか。
ウィッグの着ける位置やサイズをすこし調整するだけで、付け心地も良くなりますので、ウィッグにお悩みのある方は、AQUADOLL直営サロン、パートナーサロンへお気軽にお問合せくださいませ。
ウィッグをお使い頂くすべての方が快適に過ごせるようにお手伝いさせて頂きます。

◇AQUADOLL通販サイトはコチラ◇

◇AQUADOLL直営店・パートナーサロンはコチラ◇

               
関連キーワード