がんサバイバー女性のための情報サイト|ニュース・ピアリング

【コラム☆ピアリング】保存版「基本的なウィッグの洗い方! 」(PR)

ウィッグを毎日装着していると、汗や皮脂などの汚れ、匂いも気になりますよね。
医療用ウィッグもファッションウィッグも、大切に大事に長く使いたい。けれど、お手入れ方法が分からない・・・。
ウィッグを洗う頻度はどれくらい?そもそも医療用ウィッグって自分で洗っても良いの?

そんなお声をよくお聞きしますが、ほとんどのウィッグは専用のシャンプー剤を使用すれば、ご自身で洗う事ができます。洗い方によってはウィッグが傷んだり髪が抜けてしまう事があるので、優しく押し洗いすることが大切です。
レースやワイヤーが入ったランジェリーを、専用の洗剤でやさしく手洗いするイメージです。

本日は、安心しておうちでお手入れができるよう、基本的なウィッグのシャンプー方法を詳しく紹介させていただきます!

今回使用するのはこちらの【ウィッグ専用 アクアドールシャンプー】【ウィッグ専用 アクアドールコンディショナー】

①まずは洗面器に水を溜め、先にシャンプーを溶かします。
 ほんの少しの量で思った以上に泡立ちますので、ワンプッシュほどでOKです。

◇ point ◇
お湯はスタイルを崩してしまう原因になりますので、水、またはぬるま湯を使用してください。
基本的には水で、冬場の手が冷たい時期は少しだけお湯を入れて手が冷たくない程度のぬるま湯で洗ってください。
ウィッグ専用シャンプーは、水で洗ってもしっかり汚れが落ちる、洗浄力の高いシャンプーになっています。

②洗面器の中にウィッグを入れ、軽く押し洗いをします。
 ウィッグを裏返し、ファンデーションがつきやすい顔回りや、汗がたまりやすい襟足など、汚れやすい裏側のネットの部分も優しく押し洗いをして汚れを落としてあげましょう。

◇ point ◇
ウィッグは必ず優しく押し洗いでお願いいたします。
ウィッグをこすってしまうと、髪が傷んでしまったりシャンプー後の絡まりがひどくなってしまいます。
汚れがひどい時や匂いが気になるときは、10分程度シャンプーに浸してから押し洗いするのがオススメです!

③洗い終わったら洗面器の中ですすぎましょう。
 押し洗いが終わったら、泡がなくなるまでシャンプーをすすぎます。
 洗面器の水を何回か変えて、必ず洗面器の中ですすいでください。

◇ point ◇
シャワーや水道の水をウィッグに直接あててしまうと、裏側のネットの部分から髪の毛がでてきたり、髪がもつれる可能性があるので気をつけてください。

④続いて、コンディショナーを新しい水に溶かします。
 シャンプーと同じように、コンディショナーも水にワンプッシュほど入れて溶かします。
 コンディショナーを浸透させるためにウィッグを入れてから1~2分浸しましょう。

⑤コンディショナーをすすぎます。
 1~2分後、コンディショナーをすすぎますが、コンディショナーは軽く1回水を変えてさっとすすぐ程度でOKです。

◇ point ◇
 ウィッグ専用コンディショナーはウィッグの手触りがさらさらになるように、静電気が起きにくいように仕上げる成分が入っています。
 あまりすすぎすぎないで、少しコンディショナーがウィッグの髪に残る方が、仕上がりの手触りの違いを実感いただけます。

⑥タオルドライをします。
 乾いたタオルでウィッグを包み優しくタオルドライをしてください。
 ここでは軽く水気が取れる程度で大丈夫です。

⑦絡まりがひどい時はここでブラッシングを!
 ウィッグはコンディショナーでブラシ通りがかなりよくなっています。
 決して引っ張らず、ウィッグの表面をなでるように優しく優しく、毛先から目の粗いブラシやコームでとかしてください。

◇ point ◇
人毛MIX・人毛100%の場合は、このタイミングでプレミアムヘアオイルを毛先から全体になじませてください。
乾燥後の髪のまとまりがさらに良くなります。

⑧スタンドで自然乾燥させます。
 頭のかたちやスタイルが崩れてしまわないようにスタンドに乗せて乾かします。
 ロングウィッグでも半日ほどあれば乾きますが、お急ぎの場合はドライヤーの冷風を使用して乾かしていただく事も可能です。

⑨仕上げにアクアドールミストで整えます。
ウィッグが完全に乾燥したら、仕上げに絡まっている部分や広がりが気になる部分にアクアドールミストをふり、ブラシで形を整えたら完成です。

本日ご紹介したウィッグの洗い方は、動画でも詳しく解説していますので、動画でご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
AQUADOLL公式YouTube動画 【ウィッグの洗い方・保管方法】

◇ワンポイントアドバイス◇
ここまでお試しいただいて、それでもウィッグの手触りが悪い時、襟足や毛先の髪がちりちりしたり、ごわついている場合は、こちらの動画を参考にヘアアイロンをお試しください。
AQUADOLL公式YouTube動画【傷んだウィッグを復活させる方法】

Q&A

Q:市販のシャンプーやコンディショナーでも洗えますか?

A:通常のシャンプー&コンディショナーも使えますが、人毛にあわせた成分で配合されており、ウィッグに不要な栄養分が多々含まれているので、すすぎきれずにウィッグに残留してしまい、結果的にウィッグの劣化を早めてしまう原因になります。
 ウィッグ専用シャンプー&コンディショナーは、傷みや絡みを防止するために、ウィッグの毛質にあわせたシリコン成分等が多く配合されていますので、ウィッグを長持ちさせるためにも、ウィッグ専用のものをススメします。

Q:どれくらいの間隔で洗えばいいですか?

A:季節やご使用頻度によって様々ですが、毎日ご利用いただく場合は、5日~10日程度に一度、AQUADOLL専用のシャンプー・コンディショナーで水洗いをして自然乾燥されることをおすすめします。(汗の気になる夏季は1週間に1回程度)

Q:ウィッグを洗うと、カールはとれないですか?

A:AQUADOLLのウィッグは毛質にファイバーが使われており、形状記憶性に優れていますので洗ってもカールが取れにくくなっています。
 シャンプーやブラッシングを重ねていくとカールはゆるくなってきますので、その際はアイロンやコテで巻きなおしてください。
 なお、人毛100%のウィッグやヘアピースはシャンプーをするとカールが取れますので、その都度スタイリングをしてください。

Q:ウィッグを洗った後、ドライヤーと自然乾燥のどちらが良いですか?

A:基本は自然乾燥がおすすめです。
 AQUADOLLの様に耐熱ファイバーを使っているウィッグは、熱には強いですが、熱を加えた後冷ますときに形(カール)がつきます。
 ですので、乾燥の際にドライヤーを使う場合は、カールが取れない様に冷風をお使いください。

Q:ウィッグを洗う時に便利なアイテムはありますか?

A:ウィッグを洗った後、乾燥させるときに活躍するのがウィッグスタンドやウィッグハンガーです。
 ウィッグの保管やカールつけ、ヘアアレンジの時はマネキンが使いやすくおすすめですが、洗った後はウィッグスタンド、ウィッグハンガーが一番です!
 マネキンよりもウィッグと接する部分が少ない為、通気性も良く、ウィッグの乾きがとても早いですので、ウィッグを購入される際はぜひ、髪の長さに合わせたウィッグスタンドを一つ、ご用意ください。

いかがでしたでしょうか。
気にはなっていたけど一度もウィッグを洗ったとこがない!という方や、初めてで不安なときは、ぜひこの記事や動画を参考にシャンプーしてみてくださいね。

◇AQUADOLL通販サイトはコチラ◇

◇AQUADOLL直営店・パートナーサロンはコチラ◇

               
関連キーワード