がんサバイバー女性のための情報サイト|ニュース・ピアリング

『トリネガさわちゃんの徒然記録 vol.4』おススメ 乳がんと告知されてから読む本の話

ご無沙汰しております。さわちゃんです。 寒くなってきておりますが、皆さんお元気にされてますでしょうか? 『トリネガさわちゃんの徒然記録』では、私が知ってて良かったことを書いているだけですので、 『こんな考えかたしてた人がいるんやなー』って、軽い感じで読んでください。 いろんな価値観や、いろんな悩み・社会背景によって感じ方も違うと思います。 正解なんてないし、いろんな人がいるから社会って楽しいんだと思います。
あるある。長くて暗いトンネルにいる気持ち
だいたいの方は診断受けて不安で不安で仕方なくて、色々検索してここにたどり着いていると思います。 私も一緒でした。   最初告知されて治療開始のときは、大きな先の見えない真っ暗なトンネルに一人で歩いて入っていくような、 何が起こるのか、 どのくらい続くのか、 どんな困難が待ち受けるのか、 孤独で不安でした。     抗がん剤治療中・治療後・手術前・手術後、期間・時期によって生じてくる悩みや不安は違ってきます。 同じ時期に同じ目線で、一緒に悩んだり相談できる仲間や先輩がいるというのは励みになります。 誰か 経験者に なんとも無いよっ、 って背中押して欲しかった。 癌 になったら、終わりぢゃない。 まだまだ人生は楽しいよっ って背中押して貰いたかったんです。  
さわちゃんおススメ 『乳がん』と告知されてから読む本
今回は、『乳がん』と告知されてから、 私が 読んだ本の中でよかったもの、おすすめのものを紹介していきます。   おすすめその1は、 患者さんのための乳がん診療ガイドライン 2016年版   乳がんのことについて、医学的な観点から書かれています。 乳がん治療の流れや検査のこと、使用されている薬剤について書いてくれております。 告知されて驚いてパニックになってしまったとき、 こういう指針を読んで冷静になる、主治医への質問事項を考えてまとめておく などされるには良いと思います。 よろしかったら、告知されたご家族さんも一読されたら良いと思います。 全部理解する必要はありません。 読んでわからない部分や、理解できない部分を主治医や医療者に質問されれば良いのですから。 乳がん治療にはいろいろな選択肢があるので、あとで後悔しないように、自分で考えて納得したうえで治療を行う方が良いと思います。 (ご自身が納得したうえで信頼できる先生にお任せするのも良いと思います。) どんな事でも自分で納得して選択したものならば、後悔は少ないと思います。   その2 おっぱいをつくる! 乳がん転じて美乳になる方法 この本読んで、全摘って選択肢も悪くないなって思いました。 おっぱいとったらどうなるの!? 女としてどうなの? っていう固定概念がありましたが、 まぁ、選択肢の中に、『全摘』ってあっても、良いなって思いました。 再建の方法に関しても、分かりやすく書いていてくれていました。 2次再建でこんな感じなるのねぇ♥ とイラストを使用してあるので、      非常に理解しやすかったです。 癌なったからって おっぱい取るからって 取ったからって、 後ろ向きにならんでもえぇなぁって 思えました。   ***すこし長くなってしまったので、次回に持ち越します!! また、次回よろしくお願いします。***
               
関連キーワード