サバイバー女性がつくる、サバイバー女性のためのWEBマガジン|ニュース・ピアリング

「お手軽ウィッグアレンジ、工夫次第でまだまだあります」抗がん剤治療中のギモン!ウィッグ編Ⅱ

抗がん剤治療中のウィッグアレンジ第2弾です!

真夏のウィッグ生活の新しいヒントが届きました。
ウィッグって「バレないように」という緊張感がストレスですよね。

だったら思い切って、バレバレの付け毛にして

「あの人、つけ毛がお洒落ね!」

という展開に持って行くのはどうでしょう?

意外と簡単!ロープ・ウィッグ活用ワザ

写真の女性がつけているのは、ファッション小物として販売されているロープ・ウィッグ。

ロープ・ウィッグは、本来はアップにしたお団子にクルクル巻き付けるヒモ状の物です。

なんと、そのロープウィッグを1本頭に乗っけて帽子で押さえただけという超手抜きスタイル!耳にひっかければ、全然とれないそうです。

ロープ・ウィッグは1000~2000円程度と安いので気楽に遊べますね。

上の写真は冬ですが、フルウイッグがつらい暑い夏は特に快適。また、副作用で頭皮が痛い時や、入院中などにも使いやすい。

ケア帽子だけで過ごすよりも、とても華やかになります。

フル・ウィッグが拡がって「ヤマンバ」になりやすい人は、頭の形が “鉢が張っている”タイプ。こんな方にも、ロープウィッグのスタイルは、良く似合うようです。

おしゃれをアピールできるフェイクウィッグ

実際に、抗がん剤中の半年間をずっとロープ・ウィッグで乗り切ったという写真の女性の経験談です。

「驚いたことに、こんなにフェイクな毛なのに、自毛と勘違いしていた人が大勢いました。男性はまずわかってません(笑)。

もちろん、女性はフェイクに気が付きますが、帽子とセットなので、“あら、お洒落なつけ毛ね” と好評でした。」

ところが、このロープ・ウィッグ、残念ながら、最近はなかなかシンプルな物が見つかりません。

ネット検索すると「ゴージャス・カール」の物や、芯がゴムで出来ている物が多く通販されています。芯がゴムの場合、このように使うとピョンピョン弾んでしまいます。しかし、フェイクだから、と割り切ってしまえば、それも楽しめるかも。新しい使い方や、「意外と似合う」驚きの発見があるかもしれませんね。

「私のウィッグアレンジ技!」お寄せください。

この機会に、プチプラな物を使って、今までと違う新しいお洒落にもチャレンジしてみましょう!そして、ユニークな「頭のお洒落」を発見したら、ぜひピアリングでシェアしてくださいね。

みなさんに紹介したいアレンジ技をお持ちの方

info@peer-ring.com までぜひ情報をお寄せください。

ピアリング編集部:N.K

SNSでフォローする