がんサバイバー女性のための情報サイト|ニュース・ピアリング

【コラム☆ピアリング】治療中の体調管理と医療者とのコミュニケーションをサポートするがん手帳アプリ

診察時「副作用が気になっていたのに、うまく伝えられなかった…」「先生が忙しそうだったので、質問しそびれてしまった…」といった、医師とのコミュニケーションの悩み。ピアリングでもたびたび話題にのぼります。

診察の時に整理して伝えられるよう、体調を記録したメモを持っていったり、時には家族に応援を頼んで、コミュニケーションを後押ししてもらったり…という工夫もよく耳にします。

今回は、多くの患者さんのそんな悩みを解決の方向へ導いてくれる、心強い無料アプリ「WelbyマイカルテONC」をご紹介します!

 

私たちの治療をサポート 「WelbyマイカルテONC」

「WelbyマイカルテONC」は、がん患者さんの治療をサポートする無料アプリ。
日々の体調や副作用などの症状、服薬・通院などの記録ができて、治療中の自己管理をサポートしてくれます。このアプリを活用すれば、日々の状態を「見える化」でき、医療機関でのコミュニケーションの助けにもなります。

また、がん治療に関して様々な情報が溢れている中で、自分に合った正しい情報を見つけるのが難しいと感じている方も多いかもしれません。
「WelbyマイカルテONC」には、副作用やお薬に関して、国立がん研究センター提供の「がん情報サービス」などの信頼できる情報から、自分に合ったものを届けてくれる機能もあります。

WelbyマイカルテONCでできること

■自分に合った情報が受け取れる
自分自身で登録した「がんの種類」と「お薬」の情報によって、アプリから自分の治療に合った情報が届きます。
– 自分に合った「定期症状記録」の症状項目がセットされます。
– 提供される情報の内容やタイミングがセットされます。
– 新しい情報が追加された際には、右上のベルアイコンに通知が表示されます。

■気軽に体調・症状記録
後から思い返すことが難しい日常の調子や症状が簡単に記録できます。
また、症状の写真や通院時の備忘メモなども記録しておくことができます。

■体調の見える化
自分で記録した体調をグラフやカラースケールで伝えやすく見える化。医療者とのコミュニケーションをサポートします。

■通院・服薬アラート
通院・服薬アラートで、うっかり忘れの予防に役立ちます。

通院控えが起こっている今だからこそ医師との症状共有が重要に

*出典「第2回 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大によるがん患者さんへの影響緊急調査」

 昨年ピアリングで実施した新型コロナ緊急実態調査でも、コロナ渦のなか、通院を延期している方も多いという気がかりな調査結果がありました。
診察室を一歩出ると、医師は患者さんの状態をなかなか把握できませんし、患者さん自ら今の症状を伝えるのは難しく、情報共有がおろそかになってしまいます。
しかし、マイカルテONCを導入している医療機関なら、アプリを利用して日々の症状データを専用管理画面からオンタイムで把握することができます。(※患者さんが情報共有を許可している医療機関に限り閲覧可能です。)

離れたところにいても、体調の細かな変化を察知し遠隔で指導ができるので、症状悪化の予防や副作用の適切な対応につながります。

「WelbyマイカルテONC」モニター募集について

「WelbyマイカルテONC」アプリを運営しているのは、株式会社Welby(ウェルビー)。

Welbyは、私たち患者が治療を主体的に進められるよう、がんや生活習慣病をはじめ、さまざまな疾患に対するサポートツールを、医療関係者等と共同で開発している会社です。

この「WelbyマイカルテONC」を活用することで、通院時の診察の負担が軽減されたり、普段の体調管理がしやすくなったりするかもしれません。治療中の自分の体調をしっかり記録しておきたい方、自分にあった信頼できる情報を求めている方、そして医師とのコミュニケーションにハードルを感じている方は、ぜひアプリを試してみてくださいね。
今回、このアプリをもっと使いやすくするため、実際に一定期間使用して、アンケートに答えていただけるモニターを募集します。詳しい応募方法はダイアリーで公開します。ぜひご覧ください。

文:ピアリング編集部

               
関連キーワード