がんサバイバー女性のための情報サイト|ニュース・ピアリング

ぴあれぽvol.31 第18回ピアリング笑顔塾「心地よい睡眠のためのゆるゆるセルフケア」開催レポート

先日ピアリング笑顔塾に初めて参加した会員のまあさです。イベントレポートを書きましたのでお届けします。

ピアリングの「第18回ピアリング笑顔塾 心地よい睡眠のための『ゆるゆるセルフケア』」が、5月25日(火)にZOOMで開催され、約30名の方が画面越しに熱心に参加されました。

第1部は神経反射療法士でがんピアサポーター、自身も乳がんの体験者でもある講師、野田さおり先生によるレクチャーと顔や首などを中心としたゆるゆるストレッチが行われました。
第2部はピアリングサポートメンバーによるおしゃべり会が開かれ、梅雨の晴れ間の楽しい午後のひとときを皆で過ごすことができました。

『ゆるゆるセルフケア』は、がんによる不安や緊張で眠れない患者さんたちのつらさをなんとかしようと野田さんがスタートしたオンラインサロンです。現在はオンラインでも活動をされています。

講座では深い呼吸と水分補給を意識しながら、小鼻の横や額、ほお骨など普段、こわばっているところを指の皮膚で優しく触れて、そーっとマッサージしていきました。
ごしごしとしたマッサージではなく、優しくリンパを流すことを意識したセルフマッサージでした。

中盤になって耳たぶを上下に動かしたり、耳のツボをマッサージし終わるころには不思議なことに体がじわじわと熱くなっていることに驚きました。

講座の後半にはほてった上半身の興奮を鎮め、眠りにつきやすくするため、足の指の近くにある「太衝(たいしょう)」というツボを刺激したりして全身をクールダウンさせて講座は終了。
質問タイムも設けられ「1日に何リットルのお水を飲んだらいいですか?」「しんどい時にもセルフケアをやってもいいですか?」など熱心な質問が飛び交い熱気あふれる会となりました。

その後、6人ずつのチームに分かれて、おしゃべり会がスタート。
自己紹介や近況報告、「告知を受けてから夜眠れない」「朝、がんの恐怖で起きられない」など、眠りに関する深い悩みも多く聞かれました。
各県でのオフライン活動談義などに花を咲かせているうちにあっという間におしゃべり会は終了。
笑いの絶えない午後の時間を皆で楽しみました。ご参加の皆さんお疲れ様でした。
また笑顔塾でお会いしましょう!

まだオンラインイベントに参加したことがない方も、ぜひチャレンジしてくださいね。

文・ピアリングレポーター まあさ

               
関連キーワード