サバイバー女性がつくる、サバイバー女性のためのWEBマガジン|ニュース・ピアリング

ぴあれぽvol.6☆人工乳房で、笑顔をつくる。池山メディカルジャパンの挑戦

人工乳房のリーディングカンパニー 株式会社 池山メディカルジャパンを訪ねて

乳房切除手術後、乳房再建術を選択しなかった乳がんサバイバーさんも、
「気がねなく温泉やプールに行きたい!」
という想いを抱えている方は多いでしょう。
そんな願いを叶えてくれるのが、「人工乳房」という選択です。
ピアリング編集部では、人工乳房の情報を、ピアリングユーザーの皆さまに、もっと知ってもらいたい、ということで、人工乳房制作のリーディングカンパニー、株式会社 池山メディカルジャパンをお訪ねし、代表取締役・池山紀之社長にお話を伺いました。

池山メディカルジャパン・池山紀之社長

「きっかけは妹の言葉」 池山紀之社長の想いとは?

もともと、歯科インプラントからはじまり、耳や鼻を失ってしまった方の人工ボディパーツの制作を行っていたという池山社長。

乳がんで左乳房を切除した妹さんの言葉をきっかけに、2003年より人工乳房の制作に取り組みはじめました。

「僕の妹は、乳房切除後の手術跡を、家族にしかみせたことがなく、温泉に行っても、自分は大浴場に入らなかったのです。大好きな温泉から長い間遠ざかっていた妹が、悩んだ末に、ある日
『お兄ちゃん、おっぱいを作って欲しい』
と僕に言いました。勇気を出して、願いを投げかけてくれた妹。

そこで人工乳房の制作・研究への取り組みが、スタートしました。
その時、せっかく作ってくれるなら、と、妹が出した3つの条件、それは…


・自然に見え触っても違和感なくやわらかいこと
・普通のブラジャーが使えて、はずした時にも自然に見えること
・そのままお風呂に入ってシャワーを浴びられること


でした。そしてそれらの条件を満たし満足いくものが、時間をかけてようやく完成し、2005年に日本乳癌学会において発表したところ、高い関心を集めました。」

人工乳房

オーダーメイド&職人の手作りが、池山メディカルジャパンの強み

「最近では、中国をはじめ、海外のお客様のご注文も増えています。
オーダーを受けてから、職人がひとつひとつ丁寧に、心を込めて作っているところに価値を感じていただき、「匠の技」と云われ評価されています。」

ひとつひとつ手作業の装着色付け

「私も毎月、中国をはじめとしたアジアにも出張し、必要としている方に、ひとつでも多く人工乳房をお作りしようと頑張っています。


乳がんを経験した女性たちが、以前の生活を取り戻し、少しでも前向きに、日々を過ごしていただける助けになれれば、と願っています。

また、人工乳房をお作りした方々とは、アフターケアを通して、一生涯のお付き合いだと考えています。」

 

「乳がん手術を経験した女性たちにも、周りの目を気にせず旅を楽しんでもらいたい」という想いから立ち上げた、ピンクリボンのお宿ネットワーク

そんな池山社長の取り組みの一つに「ピンクリボンのお宿ネットワーク(略称・リボン宿ネット)」があります。

治療中や治療後、日常生活を歩みながらも、周りの目を気にして旅や温泉を楽しめない、という方のために、入浴など周りの目を気にせず楽しめる環境づくりを行っている宿泊施設の情報をネットや冊子で公開しています。

たくさんの方に宿や温泉でゆったりくつろぎ、旅を楽しんでもらいたい、というのが目的です。


現在150余りの宿泊施設が加盟。さらには行政や医療者や観光団体などとも連携し、お客様の受け入れ方法や、快適に過ごしていただくための工夫などを勉強会やシンポジウムを通じて深めており、さらなる“リボン宿ネットの輪”が広がりつつあります。

「タオルが多めに用意してある、とか、入浴着を使っていい、とか、そういう情報は、どこにもありませんでした。

妹は人工乳房を作るまで、家族で旅行に行っても1人だけ温泉には入らなかったのですが『脱衣所についたてがあったり、タオルを身体にかけて入浴してもよければ、ずいぶん入りやすいのに。』と言っていました。


そういった情報が欲しい方、そんな宿を探している方は、妹だけでなく、もっといるはず。そこで、
『乳がんを経験した女性達が、くつろいで旅を楽しめる温泉旅館のネットワークを作ろう!』
と、宿の女将さんたちや旅行新聞新社と協力して、“リボン宿ネット”を立ち上げました。

例えば、
・洗い場に仕切りがある、
・脱衣所の照明を少し暗めにしてある、
・タオルを多めに使える、
などの情報を旅館から発信してもらい、それを冊子にまとめてお配りしたり、ウェブで公開もしています。」

「2011年からは、人工乳房をバトンがわりに、各地の温泉をめぐり、温泉成分による人工乳房の変形・変色などを検証しながら、人工乳房やピンクリボンの啓発も行う“おっぱいリレー”も展開しています。
人工乳房で、安心して温泉巡りをしていただくために、妥協なく…!でも楽しい取り組みを続けています」

乳がんサバイバー女性のパワフルな応援団長

私たち乳がんサバイバーを、全力で応援してくれる池山社長。
笑顔で語る裏には、ゼロからネットワークを築いてきたご苦労もたくさんあったと思います。
しかし、それを感じさせないパワフルな社長のお人柄に触れて、わたしたちピアリング編集部も大きな刺激を受けました。

乳がんを経験し、再建をしていなくても、温かく迎えてくれる宿がある、って嬉しいですよね。

池山社長、お話を聞かせていただき、ありがとうございました!

***

施設検索、お風呂情報、宿泊プラン、宿泊特典クーポンなどが掲載されている、リボンのお宿ネットワークのホームページはこちらです↓
【ピンクリボンのお宿ネットワーク】

http://www.ribbon-yadonet.jp/

 

株式会社池山メディカルジャパンホームページはこちらです↓

【株式会社池山メディカルジャパン】
http://www.ikeyama-mj.com/concrete5/

SNSでフォローする