がんサバイバー女性のための情報サイト|ニュース・ピアリング

教えて!「素肌レシピ」誕生秘話☆太陽油脂株式会社訪問記【後編】

「肌悩み対策ケア」と、「正直な優しさ」を両立するスキンケアを追求 みなさん、こんにちは。 前回より続く、ピアリング・サポーター企業「太陽油脂株式会社訪問記」。 後編は、大川さん(写真左)と舘野さん(写真右)にうかがった、 【素肌レシピ】開発のストーリーです。   -半数がアトピー肌の持ち主だった! 素肌レシピ開発チーム 太陽油脂株式会社のスキンケア【素肌レシピ】は、開発者だけでなく営業担当者も含む8人の女性チームで2012年に開発がスタートしました。 当時としては社内初、「女性だけのメンバーによる商品開発プロジェクトチーム」の発足でした。 しかし、素肌レシピ開発チームは、“女性目線の感性”だけを頼りにしていたわけではありませんでした。 なぜなら、開発チーム8人のうち、半数の4人が慢性的なアトピー性皮膚炎に苦しんでいたのです。 『まず、自分たちの肌悩みにこたえるスキンケアを。』 これが、【素肌レシピ開発チーム】の至上命題だったのです。   -納得するまで、アトピーの肌に塗り続けた。 さて、開発チームの中心となったのは、ピアリング編集部を工場に案内してくれた大川さん。 開発チームに加わる前、品質保証部で、アレルギー検査の仕組みを作ったキャリアの持ち主です。 その大川さんもまた、アトピー性皮膚炎でつらい思いをしている娘さんに心を痛めていました。 そんな開発チームの想いが向かった先は、 「とことん肌に優しいスキンケアを。」 「自分が、家族が、楽しんで使えるアイテムを。」 メンバーは、日々、こだわりの原料を調合したローションや乳液を自身の肌に塗りながら、納得できる製品を生み出すまで、試作を続けたそうです。   -質へのこだわり、妥協はしない。 石油由来原料・合成防腐剤・合成界面活性剤・ 合成香料…等々。 肌への刺激になりうる原料は一切使わない。 そんな厳しさを自らに課した、メンバーの強い想いは、ひとつひとつのアイテムを、信頼できる製品として成長させていきました。 【素肌レシピ】の<レシピ>は、まさに妥協のないものだったのです。   開発が始まって1年。 「肌悩みを抱えていたすべてのメンバーが、キメの整ったハリとツヤを実感していました」 アトピーに苦しんでいた開発チームの4人全員の、イキイキとした姿を目にした大川さんは、製品に対する自信を深めたそうです。   -良心価格の秘密は? 肌に入れたくない合成原料はすべて無添加の【素肌レシピ】。 全アイテムが天然由来、食品由来の原料から作られていますが、それだけではなく、植物原料のうち、80%以上もオーガニック栽培原料を使用しているそうです。   「美容液やアイクリーム、美容オイルの香りに採用しているダマスクローズの天然精油は、女王の香りと称されています。 なんと2600本ものバラから約1gしか採れなくて、たった1Kgで高級車1台分のお値段なんですよ!」 と舘野さんが目を丸くして教えてくれます。 それでも、使うたびに心満たされるような香りを楽しめるスキンケアを目指し、この希少な原料を使い続けているそう。   しかし、【素肌レシピ】は化粧水2,500円、美容液も3,800円というお手ごろさ!   余計なお世話ながら、この価格帯で、贅沢な原料配合は成り立つのでしょうか。 「他の有名オーガニックブランドに比べると、この値段でやっていけるの? と思ってしまうのですが…。 良心的な価格設定は、どうやって実現しているのですか?」   心配になってしまった編集部は、思い切って質問してみました。   すると、返ってきた答えは3つ。 〇宣伝広告にあまりお金を使わず、原料にお金をかけて「質」で勝負。 〇食用油脂工場を持つメリットを最大限に生かした原料調達ルートでコスト削減。 〇必要な方が継続して使い続けられる価格帯でなければならない、という信念   …本当に、使う人の立場に立った、ものづくりですね。   -ひとりでも多くの人に、【素肌レシピ】を届けたい 【素肌レシピ】は昨年、リニューアルを行い、肌モニターテストも実施。 商品パッケージも一新し、より一層肌悩みにこたえるラインナップを揃えました。 オーガニック栽培原料をふんだんに使用しているというだけでなく、 「保湿やハリ美肌を肌実感できる結果を出す」 ことに【素肌レシピ】開発チームはこだわり続けているそうです。   イメージ戦略が先行しやすい化粧品業界で 誠実なものづくりを続ける【素肌レシピ】の女性開発チーム。 その開発秘話と、 “ひとりでも多くの人に、こだわりのアイテムを届けたい” という想いに触れたことは、私たちにとって、大きな収穫となりました。 ☆太陽油脂株式会社公式オンラインショップ←はこちら
               
関連キーワード