サバイバー女性がつくる、サバイバー女性のためのWEBマガジン|ニュース・ピアリング

ピアリング・サポーター企業の「太陽油脂」ってどんな会社? 太陽油脂株式会社訪問記【前編】

パワフルな「肌の悩み解決力」と、偽りない「本物の優しさ」を両立するスキンケアを追求


京浜工業地帯の中核のひとつ、横浜・子安からほど近い地に、太陽油脂株式会社はあります。

創業からもうじき100年を迎える横浜の老舗企業。

「太陽油脂」という名前をきいて、ピンとこなくても、

「PAX NATURON(パックスナチュロン)」のパッケージを見れば、肌ケアにこだわる人は、ビビッとくるかもしれません。

原材料にこだわる生協の通販や、オーガニック製品を扱う自然派ショップでは定番の、無添加石けんシリーズ。

アトピーや敏感肌の方の間では、ことに有名なロングセラーブランドです。

 

その「PAX NATURON(パックスナチュロン)」シリーズを主力製品とする太陽油脂が立ち上げた、新しい基礎化粧品のブランドが『素肌レシピ』です。

 

  • 石けんと化粧品の生産ラインを初見学!

実は、ピアリング編集部のスタッフが、この『素肌レシピ』に出会ったのは、つい最近のこと。

とあるイベントで、洗顔料や化粧水、オイルなどの試供品をもらったことがきっかけでした。

エッセンシャルオイルの癒される香りと、しっかりとした保湿力、そしてエキスの防腐剤に至るまで全成分表示をしている正直さに興味をひかれ、すぐに、製造元の太陽油脂に問い合わせてみると
「いちど工場の見学にいらしてみませんか?」
とのお誘い。

 

好奇心いっぱいの編集部は、さっそく初めての化粧品生産ライン見学へ。

迎えてくれたのは工業地帯に似合わない(?)やわらかい雰囲気の二人の女性、大川さんと舘野さんです。

写真:笑顔の素敵な大川さん(左)と舘野さん(右)

お二人のサラサラな髪・ツヤツヤなお肌に、どうしても目がいきます…!

「太陽油脂は、石けん製品だけでなく、食用加工油脂を作っているんですよ。」

と大川さん。

太陽油脂の食用油は、近年、悪玉として話題のトランス脂肪酸を低減した油脂。

最近は、健康志向の大手食品メーカーからの引き合いが多いそう。

そして、その食用油脂の材料…

つまり石油由来原料をまったく含まない、食品由来の植物系天然原料で作られているのが、太陽油脂の石けん製品や化粧品なのだそうです。

 

  • 石油由来原料を含まない、こだわりの原料と製法でつくられる化粧品

さて、ふんわりと石けんの薫る工場の中では、ちょうど、タンクの中で乳化作業が進行中。

そして、この天然由来成分の乳化剤を利用して作られたクリームなどの化粧品が、次々とパッキングされ、作業員の方の丁寧なチェックのもと、箱詰めされています。

合成界面活性剤や合成防腐剤はもちろん、合成の着色料も香料も、一切不使用という、肌にも環境にもこだわりの優しさです。

 

  • 『自分たちが使いたいものを!』の想いでできた化粧品

「実は私、ここに勤める前まで、肌荒れがひどくて、悩みぬいた経験があります。
この会社に就職したのも、肌へのこだわりから。」

と舘野さん。

「(自分たちが使いたい化粧品を!)と、とことん追求して、女性だけの開発チームで作ったのが【素肌レシピ】です。

これを使うようになって、本当に肌トラブルがなくなりました。」

そう話す、お肌トラブルとは無縁に見える笑顔を、思わず見つめてしまいました。


☆ピアリング・サポーター企業「太陽油脂株式会社」訪問記は【後編】に続きます。

どうぞお楽しみに。

 

☆太陽油脂株式会社公式オンラインショップはこちら

SNSでフォローする