がんサバイバー女性のための情報サイト|ニュース・ピアリング

ぴあれぽvol.19☆がんを経験した女性のためのボディワーク&おしゃべり会「サバ女子応援プログラム」~開催レポート~

9月22日(日)、横浜市男女共同参画事業としてアートフォーラムあざみ野にて「サバ女子応援プログラム」を開催しました!

全3回の最終回の今回は「ダンス」レッスン+おしゃべり会。

今回も、元劇団四季俳優でありご自身も乳がんを経験されている史桜(しお)先生が講師です。

自己紹介と簡単なアイスブレイクから始まり、一気に緊張した空気も緩み、ダンスレッスンが終了するまで笑いの絶えることのない楽しい3時間を過ごしました。

ダンスは全身運動になるので、先ずは入念にストレッチから。身体をパーツごとで動かす練習として行う「アイソレーション」を簡単に行いました。

今回はダンス未経験者が殆どだったので、いくつかの曲のリズムに合わせて簡単なステップから行いました。
簡単なステップと言っても、最近流行りのポップスに合わせてリズムを取るのでテンポが速く、それだけで戸惑い気味な様子。
それでも、何度かリズムに乗って身体を動かしていくうちにステップの足取りも軽やかになっていきましたよ。
初めてのダンスでも、十分に気持ちを解放できる効果があることを実感できました!

この夏、前向きなココロと身体を取り戻すきっかけになれば、と「サバ女子応援プログラム」を開催しました。参加したみなさんが「自分らしさ」を再確認し、がんの告知というショッキング出来事から一歩踏み出せたなら、これほど嬉しいことはありません。

ピアリング編集部スタッフが持ち帰ったものは、幸福感と達成感に満ちた参加者の笑顔でした。
参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

文・写真 ピアリング編集部

               
関連キーワード