サバイバー女性がつくる、サバイバー女性のためのWEBマガジン|ニュース・ピアリング

抗がん剤中のギモン!メイク編 III「アイラインは綺麗にオフを」

いつもと違うメイクをした時の注意点

抗がん剤中、メイクやウィッグなど、身支度を整えるときも、これまでと違った習慣が増えます。だからこその失敗もありますね!

筆者は、抗がん剤による脱毛後、アイラインが引けるようになり、ウキウキしていました。

が、ある朝起きると、ななんと、試合後のボクサーの様な目元に。

「立て!立つんだ!ジョー」

落としきれなかったアイライナーが蓄積して、眼球に汚れが入るわ、まぶたが黒々するわで、散々な状態に。

普通の洗顔では、眼の際のアイライナーが綺麗に落ちないのですね。

無理しても石鹸が眼にしみるばかりです。

無理しないアイラインの落とし方

そこで、アイラインを描くときと同じやりかたで、綿棒で丁寧にさすると…、きれいに落ちます。

目元専用のクレンジング剤が売られていますが、お手元にないときは、化粧水でこするだけでもかなり落ちます。
わ!こんなに汚れていたのか!

こちらは、涙の成分で作られていて「しみにくい」目元クレンジング剤。

Eye Shampoo

クレンジングが目にしみやすい方にはうれしいですね。

抗がん剤中、アイラインはしっかりオフして目元は清潔に保ちましょう!

イラスト・文:ピアリングサポーターM.M

SNSでフォローする